Loading...

正しい知識で、遺言書をしっかり残す。

遺言書について

遺言書は、自分が死亡したときに自分の財産を誰に取得させるか等を生きている間に予め決めて書き残しておくものです。 自分の死後、配偶者や子供達、両親、兄弟等の法定相続人が相続財産をめぐるトラブルを避けるためにも、遺言書を準備することをお勧めします。

遺言書の形式は法律で定められており、その形式が整っていなければ、せっかく遺言書を作成しても無効となってしまうことがあるので、自分の最期の意思を確実に実現させるためには、法律専門家に相談した上で作成すると安心です。 また、遺言書作成だけでなく、遺言執行者に就任し、遺言書の内容を実現する手続きも行っています。お気軽にご相談下さい。

 

遺言書の種類

遺言には、大きく分類すると普通方式特別方式の2つの種類があります。ここでは、一般に利用されている普通方式の遺言書について説明します。

 

普通方式の遺言書

1. 自筆証書遺言

自筆証書遺言は、遺言の基本的なパターンであり、特別な手続きを要せず、比較的簡単に作成することができます。 遺言の内容を全て手書きし、書いた日付、署名押印をすればOKです。証人不要なので、遺言書を作成したこと、その内容について秘密にしておくことが可能です。しかし、内容が曖昧であったり、法律の定めに違反していたりした場合には、遺言が無効となることがあります。また、家族が遺言書の存在に気がつかないことも考えられます。 なお、自筆証書遺言は裁判所で検認を受けなければなりません。

2. 秘密証書遺言

秘密証書遺言は、遺言の存在は明らかにしつつ、その内容については秘密にできる遺言です。自筆証書遺言とは違い、誰かに代筆してもらっても、パソコンで作成しても構いません。ただ、署名は自筆ですることが必要です。内容に関しては作成者しか知らないため、自筆証書遺言と同様、法定内容につき、争いになる可能性があります。

3. 公正証書遺言

公正証書遺言は、遺言者が証人立会いのもと、公証人の面前で遺言の内容を口頭で伝え、それを公証人が文章にまとめて作成する遺言のことをいいます。公正証書遺言は、専門家である公証人が作成するため、内容も方式も正確な遺言を作成することができます。また、遺言書の原本は公証役場で保管されるため、紛失や改ざんの心配がありません。公正証書遺言は作成費用が掛かりますが、その分安全性の高い遺言であるといえます。