Loading...

離婚との違いは?離縁について

離縁について

離縁とは、養子縁組を解消することです。離縁すると親族ではなくなるので、相続や扶養の対象にならないことになります。このように法律上の立場が大きく変わりますから、慎重な判断が必要です。

 

協議離縁

離婚と同じく、話し合いで合意して届出をすれば、離縁することができます。ただし、養子が15歳未満の場合その子と合意しても離婚することができず、通常はその子の実親と協議することになります。 また、未成年者を夫婦で養子にしている場合は、離縁も夫婦一緒にしなくてはなりません。

 

裁判離縁

離婚と同じく、話し合いがまとまらない場合でも、一定の事情があれば裁判で離縁することができます。 裁判といっても、まずは裁判所での話し合い(調停)を先にしなくてはなりません。 それでも合意が成立しない場合に訴訟となります。

 

特別養子の場合

実親との親族関係が終了する特別養子では、離縁は、虐待など特別の事情がある場合にしか認められません