Loading...

遺産分割でトラブルにならないために

遺産分割について

死亡した者の財産は、遺言がなければ原則として相続分に従って相続人に分配されますが、 多くの財産は金銭のように割り切れるものではありません。 また、死亡した者に対する貢献度などによって、より多くの配分を受けたいという相続人が出てくる場合もあります。そのような場合に、相続人の間で具体的な財産の分配を行うのが遺産分割です。 相続人の間の話し合いでまとまることもありますが、各自の財産状況や感情的なもつれから、いつまで経っても財産分配が出来ないままになってしまうという場合もあります。また、知識がない相続人の場合、必要以上に不利な分配を受けることになってしまう場合もあります。 弁護士に依頼することで、無駄な対立を避け、より希望に沿った財産の分配を受けることができます。

 

遺産分割の流れ

1. 財産等の調査

相続人の話を聞きながら、死亡した者にどのような財産があるのかを確認します。また、抜け駆けをしようとする相続人がいる場合には、 これを防止する措置を執る、返還を求めるなどします。

2. 話し合い

相続人の間で、任意の話し合いによる円満な解決を目指します。 この段階で話合いがまとまれば、遺産分割協議書を作成します。

3. 遺産分割調停

相続人間の任意の話し合いで協議がまとまらない場合には、裁判所を通じた話し合いを行います。
家庭裁判所で、死亡した者の財産に関する書類や各相続人の言い分を前提に、客観的な立場から話合いがまとまるよう促します。 まとまらなければ、家庭裁判所としての解決策を提示してもらうことに なります。

4. 共有物分割訴訟

家庭裁判所の解決案に従うことになると、土地などの財産は共有状態となることがほとんどです。相続人全員が合意して共有物の分割手続きを進められない場合、裁判上で分割手続きを行うことになります。