Loading...

マイホームを失わずに借金を返済したい方へ。個人再生について

個人再生とは

個人再生とは、5000万円以下の負債(住宅ローンを除く)を抱える個人で、将来、継続して収入を得る見込みのあるものにつき、裁判所の認可決定により、元本を大幅にカットして返済することを認めてもらう借金整理の方法です。

マイホームを失うこと無く債務整理ができることが個人再生の一番のメリットですが、住宅ローンの残金は減額されず、それ以外の借金を原則3年で返済する必要があります。

 

個人再生の流れ

1. 受任通知発送

弁護士が債権者に「受任通知」を送ります。これを債権者が受け取ると、支払いを請求することができなくなります。

2. 個人再生の申し立て

依頼者と相談しながら、弁護士が個人再生に必要な書類を準備し、裁判所へ提出します。

3. 個人再生委員との面談

裁判所から選任された個人再生委員と面談し、書類の内容について質問されます。

4. 再生手続開始の決定

 

5. 履行テストの開始

再生計画認可後に債務者が債権者にきちんと支払っていけるかどうかテストします。一定期間、個人再生委員へ毎月の返済金額を支払うことで、認可を得ることができます。

6. 再生計画の認可・確定、返済の開始

認可確定後、再生計画案に則って、債権者への返済を開始します。

 

個人再生のメリット

・住宅ローン特別条項を利用すれば、マイホームを維持したまま借金整理ができる。

・職業制限、資格制限がない。

・住宅ローン以外の借金を大幅に減額できる。

100万円以上500万円以下 -> 最大100万円まで減額

500万円を超え1500万円以下 -> 最大5分の1まで減額

1500万円を超え3000万円以下 -> 最大300万円まで減額

3000万円を超え5000万円以下 -> 最大10分の1まで減額

 

個人再生のデメリット

・信用情報機関に登録される為、以降5年~8年間は新規借入等ができなくなる(これは個人再生に限ったことではなく、自己破産・任意整理の場合も同様)。

・官報に掲載される。

・債務者本人のみ個人再生を行っても、(保証人についても専門家が介入しなければ)保証人には取立禁止効果等は及ばない為、保証人への請求が行われる。

・最低3年は返済をしなければならない。