Loading...

交通事故の保険金、少なすぎると感じませんか?

皆さんの代わりに、保険会社等と交渉します

交通事故の後、怪我をしたり、身近な人を亡くしたりして身体的・精神的な普通に悩んでいるところに、保険会社(又は事故の相手方の代理人弁護士)が保険金の提示にやってきます。 しかし、保健会社等から提示される額は納得のいかないものであることが多いのが実情です。 そこで、保健会社等と交渉しなければならないのですが、この交渉を弁護士に任せることができます。

 

弁護士に依頼するメリット

1. 手間がかからない

交通事故に遭った後、保険会社との交渉に追われていては、怪我の治療等に専念できない上、通常の社会生活にも支障が出てしまいます。

弁護士に依頼した場合、すべての電話の対応を弁護士が行います。依頼者は、都合のいい時間に交渉の経過を聞き、方針をじっくり検討することができます

2. 金額が正確

弁護士は、法令や過去の事例を調査して、その方の被害に見合う額を正しく算定し、交渉します。そのため、もらえる保険金(損害賠償額)が増額する可能性があります。

保健会社が提示する賠償額は「各保険会社の支払基準」に基づいて算定されます。他方、裁判所も「裁判所の支払基準」を設けています。この「裁判所の支払基準」は一般的に「各保険会社の支払基準」より高額と言われています。しかし、訴訟にならない限り、保健会社から裁判所の支払基準に基づいた支払いがされることはほとんどありません。弁護士は、保健会社の支払基準に基づいて算定された賠償額を可能な限り裁判所の支払基準に近づけるよう交渉します。

また、保健会社との交渉においては、過失割合や後遺症等で双方の考え方が対立する場面が多くみられます。このような場合、弁護士が専門的な知識に基づいて少しでも依頼者に有利な基準を採用するよう交渉します。

3. 訴訟まで任せられる

交渉が不成立に終わったとしても、そのまま訴訟まで弁護士に任せることができます。ご自身での交渉をしていても、不成立に終わり訴訟をすることになった場合、ご自身での訴訟進行は困難なため、通常は弁護士に依頼することになります。交渉の段階から弁護士に依頼していれば、事情が分かっているため準備等の手間が少なく、スムーズに進みます。

 

こんな時に頼ってください

・治療費の支払いが困難になった。

・生活費に困った。

・後遺症が残った。

・保険会社や、相手の弁護士の提示額に納得できない。

・示談交渉や調停が不成立になってしまった。